Home C型肝炎治療薬「エレルサ錠、グラジナ錠」医療費助成の対象に
« Home »
11月 19th, 2016 Comments: 0

C型肝炎治療薬「エレルサ錠、グラジナ錠」医療費助成の対象に

Tags
Plurk
Share this

厚生労働省は、11月18日付でC型肝炎治療薬であるエレルサ錠、グラジナ錠の薬価収載を受けて、

別添のように都道府県に肝炎治療特別促進事業についての事務連絡を発出しました。

これでC型肝炎ジェノタイプ1型・慢性肝炎・代償性肝硬変の治療でのエレルサ錠、グラジナ錠の使用についても医療費助成の対象になります。

【資料】

新薬23製品が薬価収載へ

ミクスonline 2016/11/10付

https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/54815/Default.aspx

厚労省の中医協・総会は11月9日、新薬23製品(23成分35品目)を薬価収載することを決めた。同省は11月18日収載予定。

肝炎治療薬関係は以下の通り

▽グラジナ錠50mg(グラゾプレビル水和物、MSD)

○薬効分類:625 抗ウイルス剤(内用薬)

○効能・効果:「セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」

○薬価:1錠 9607.30円

100mgを1日1回経口投与(1日薬価:19,214.60円)、投与期間は12週間。今回収載されるエルレサと併用。グラジナはHCVの複製に関わるHCV

NS3/4Aプロテアーゼを阻害し、HCVの増殖を抑制する。エレルサはHCVの複製に関わるHCV NS5Aを阻害し、HCVの増殖を抑制する。

▽エレルサ錠50mg(エルバスビル、MSD)

○薬効分類:625 抗ウイルス剤(内用薬)

○効能・効果:「セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」

○薬価:1錠 2万6900.50円

50mgを1日1回経口投与、投与期間は12週間。今回収載されるグラジナと併用。グラジナはHCVの複製に関わるHCV

NS3/4Aプロテアーゼを阻害し、HCVの増殖を抑制する。エレルサはHCVの複製に関わるHCV NS5Aを阻害し、HCVの増殖を抑制する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)