投稿者「admin」のアーカイブ

こんな投稿がとどきました

去る3月23日土曜日、 JR長岡京市駅前のバンビオで

患者・家族交流集会をしました。

出席してくださった方から、このような投稿が届きました。

一部記載させていただきました。

肝硬変末期と医師から告げられ、3年経過しました。ネットで友の会を知り入院先の福祉相談室に相談したところ友の会を紹介下さいました。この病になって、初めは「沈黙の臓器」肝臓の事を知り恐ろしくもなり体調の変化、血液検査等の結果に一喜一憂し、ただおろおろとするばかりでした。・・・・・・・・・・脂肪肝と言われ医師に診察をうけるも食事に気を付け「要経過観察」でした。3年前に腹水があり肝硬変末期と診断され「沈黙の臓器」の意味する所を思い知らされました。

参加して会員の皆様の病に対する強い姿勢を感じました。今まで一人で悶々としてきた思いを変えて行けるものと思いを強く感じました。これからも・・・・・・

そして、当会から

病名にかかわらず、病気をさらけ出すこと、そしてちょっとお勉強もという思いで開いている交流会に参加いただきありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

そして、

肝臓の病気で相談できず、どうしたらいいかと思っておられる方が心が軽くできる場所にと思ってます

情報:大阪肝臓友の会より

関西医科大学総合医療センター 第35回肝臓病教室

○と き:2019年4月20日(土)10:30~12:10 (10:00受付開始)

○ところ:関西医科大学総合医療センター 南館3階 大会議室

      守口市文園町10-15  <アクセス>

     最寄駅:京阪 滝井駅下車、北東へ5分 ○内 容:1.「なるほど!B型肝炎」

        消化器肝臓内科 村田 美樹 氏

  2.「B型肝炎の日常生活と感染予防」

        看護部 伊藤 美穂 氏

  3.「B型肝炎の医療費助成制度について」

        医療福祉相談課 弦本 浩枝 氏

※申込み不要

開催についてのお問合せ:関西医科大学総合医療センター

 肝臓病センター(14:00~16:00)  TEL:06-6992-1001

南部交流会報告

誰もが安心して最後を迎えるために

『あなたの準備は出来ていますか?~話しておこう、自分の想い~』

という講演を城陽市のほりうち医院の堀内房成先生にしていただきました。

参加者がすくなかったのは残念ですが、

なかなか考える機会が少ない、貴重なお話を聞くことができました。

命について、深く考えることができました。