情報:肝がんに対する治験始まる

肝がんに対する治験始まる

■ 新分子標的治療

肝細胞癌に対する新しい臨床試験がスタートしました。肝機能が良好で進行癌の患者様に対しての臨床研究です。条件はネクサバール投与前の患者様でも投与中の患者様でも結構ですが「AFP400ng/ml以上の患者様」を対象にしたラムシルマブの臨床試験です。前回のラムシルマブ第Ⅲ相試験では明らかに患者様の予後を延長させます。

■ 免疫チェック阻害剤治療

さらには現在全ての癌の領域で現在極めて注目を浴びている免疫チェックポイント阻害剤のPD-1抗体の臨床試験も前回と違うものが始まります。本年6月のアメリカ臨床腫瘍学会で肝細胞癌の免疫チェックポイント阻害剤ニボルマブ(小野薬品、ブリストルマイヤーズ共同開発)の成績が発表されましたが、10cmの肝癌や両葉多発結節が完全に消失するCR例が2例及び部分奏効も含めた奏効率が約20‰でSD例も含めると70%で治療効果がでます。その効果は進行癌にもかかわらず1年半以上続くという極めて画期的な免疫療法です。

12月くらいから臨床試験が再度始まります。肝機能がChildAの良い方であればネクサバールを過去に服用していてもいなくても、また過去に臨床試験を受けている方でも対象となります。

※注釈:「ラムシルマブ」(日本イーライリリー)本年6月22日、切除不能な進行・再発の胃癌を対象に日本でも承認されました。

,※注釈:固形がんの大きさの客観的な変化を記載:完全奏効(complete response; CR),部分奏効(partial

response; PR),安定(stable disease; SD),進行(progressive disease; PD)

日肝協 第25回 全国交流のつどい・代表者会議 in 大阪

~ ~   大阪へ行きましょう   ~ ~ 

~ ~ みんなで参加しましょう ~ ~

最新治療・患者交流・患者会について学んで、楽しんで良い時としましょう

○会 期  2015年11月8日(日)13:00~9日(月)12:00
○会 場  8日:国労大阪会館
(JR環状線天満駅下車すぐ)・リバーサイドホテル
9日:リバーサイドホテル
(JR環状線桜ノ宮駅下車徒歩7分)

詳しくはこちら→大阪肝臓友の会HP http://osaka.kanzo.org/archive/eid606.html

京都肝炎友の会の方は交通費が出ます

行きたいと思われる方はご連絡お待ちしています

 

【情報】9/28ヴィキラックス(オムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル錠)の承認、アッヴィ

9月28日、アッヴィ合同会社は、ヴィキラックス(オムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル)がジェノタイプ1(GT1)型C型慢性肝炎ウイルス(HCV)に感染した成人患者さん(代償性肝硬変の患者さんを含む)の治療薬として厚生労働省から承認を取得したことを発表しました。

ヴィキラックスは、2種の直接作用型抗ウイルス剤であるパリタプレビル/リトナビルとオムビタスビルの配合剤で、12週間にわたって固定用量を1日1回服用します。

臨床試験の結果や副作用については、dotのサイトをご覧ください。

「アッヴィ、C型慢性肝炎 ジェノタイプ1型治療薬として日本におけるヴィキラックスの承認を取得」

http://dot.asahi.com/business/pressrelease/2015092800062.html

採択された 「全てののウイルス性肝硬変・肝がん患者の療養支援とウイルス検診の推進を求める請願」

参議院では採択、衆議院では不採択に

~第189回通常国会、厚生労働委員会で採決~

2015年9月25日、参議院本会議にて、「全てののウイルス性肝硬変・肝がん患者の療養支援とウイルス検診の推進を求める請願」が採択されました。

皆様のご協力に感謝します。

 

日本肝臓病患者団体協議会が請願団体となり、薬害肝炎全国原告団、全国B型肝炎訴訟原告団が協力して取り組んだ請願項目は、以下の2点です。

 

1 すべてのウイルス性肝硬変・肝がん患者に係る医療費の助成制度創設を早急に検討し進めて下さい。

2 肝炎ウイルス未受検者へのいっそうの受検推進及び検査陽性者を治療に結びつけるより効果的な取り組みを図って下さい。

 

【JPA事務局通信】から

9月25日、衆参両院で厚生労働委員会が行われ、請願についての採決が行われました。その結果、JPAが5月に提出した「難病と長期慢性疾病、小児慢性

特定疾病の総合的な対策の充実を求める請願」は、参議院では採択されましたが、衆議院では全会派の一致が見られず不採択となりました。

請願は慣例により、国会会期の最終日に付託された委員会で審議されることとなっており、今国会は会期が大幅に延長されて、会期末の9月27日が週末にあたるため、本日の委員会での審議となったものです。

【情報】テノゼットに関連して 厚労省へ申し入れ

9月16日14時に厚労省肝炎対策室鈴木室長に、日本肝臓病患者団体協議会、全国B型肝炎訴訟原告団として、申し入れをしました。

参加者は、日肝協米澤さん、B型肝炎訴訟弁護士:佐藤先生、小沢先生、B型肝炎訴訟原告団代表田中さんです。

その後、14時30分から厚労省記者クラブにて、記者会見を行いました。

NHK、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、共同通信社、時事通信社、等が取材できていました。

NHKのニュースでも報道されました。

テノゼット出荷調整への対応について(お願い)