来週は世界肝炎デー

来週の7月28日(土)は世界肝炎デーです。
11:00~11:30に京都タワー前で肝炎検査の啓発とティッシュ配りを行ないます。

京都府が舞鶴市の不当な生活保護行政の改善を通知

舞鶴市で重度の肝硬変患者が、生活と治療のために生活保護の申請をされたのにもかかわらず長期に申請拒否をされました。

6月21日にようやく申請を受け付け、8日後に保護は決定されましたが、舞鶴市は「保護の申請はなかった」と言い続けています。

京都府は生活保護法に基づき、不当な事例が相次いでいる舞鶴市の生活保護行政の特別監査を6月28日に実施しました。この特別監査の結果を、7月12日、京都府知事は、舞鶴市長に通知しました。

京都肝炎友の会は「平成24年度生活保護法施行事務監査(特別監査)の結果について(通知)」を、舞鶴市より入手しました。ご紹介します。

 

舞鶴ウイルス性肝炎を考える会の肝硬変患者さんは、3ページにある (1)の② の方です。

通知では、舞鶴市の生活保護行政の現状について、「重ねて申請権を侵害する対応を行っている極めて不適切な対応が認められた」とした上で、生活保護行政の幹部職員について、「就労相談と受け止めていたから申請権の侵害は一切無いと認識しており・・・こうした幹部職員の認識自体、法第2条に定められる国民の保護請求権をはじめとする法制度をまったく顧みることのない不適切なものであると言わざるを得ない」 と明言しています。

府は、8月31日までに、事務処理に適性を期するとともに、指摘事項にかかる措置結果を報告するよう求めています。

京都肝炎友の会 野村昌司

舞鶴市への生活保護特別監査結果通知

肝炎と鉄

肝炎患者にとって、食事はとても重要です。

また、食事は楽しみのひとつでもあります。

正しい知識と認識で共に美味しい食事を楽しみたいですね。

6月17日(日)の定期総会と医療講演会にぜひお越しください。

きっと、来て良かったと思っていただける最新情報です。

市民公開講座のお知らせ

開催日:2012年6月1日(金曜日)14:30開演(14:15開場)

開催場所:大坂国際会議場 グランキューブ大坂 12階第5会場

大阪市北区中之島5-3-51 TEL06-4803-5555

*定員は190名です。(定員になり次第締め切ります)

講演内容は、

1.肝臓がんの治療(内科の立場から)

2.肝臓がんの治療(外科の立場から)

3.肝炎・肝硬変・肝切除術後の方の食事療法

4.緩和医療「痛みとこころのケア」

5.パネルディスカッション 「患者様・参加者とのディスカッション」

講演内容・応募方法などはホームページに記載しております。   http://www.congre.co.jp/jshbps24/

《お問い合わせ先》兵庫医科大学外科 肝胆脾外科

surg-1@hyo-med.ac.jp

 

パンフレットはPDFで見ることができます。

パンフレットはこちら

 


平成24年度日本肝臓学会近畿地区市民公開講座

平成24年度日本肝臓学会近畿地区市民公開講座

肝臓病を克服する

日時:平成24年6月23日(土)

14時~(13:30開場)

場所:奈良県文化会館 奈良市登大路町6-2

TEL 0742―23-8921

近鉄奈良駅~徒歩5分

JR奈良駅~循環バス県庁前下車すぐ

Ⅰ肝臓病は隠れている

奈良県立医科大学第三内科 教授 福井博

Ⅱ生活習慣と肝臓病  14:00~14:30

奈良県立奈良病院     副院長 菊池 英亮

Ⅲ肝炎診断の最前線  14:30~15:10

奈良県立医科大学第三内科  講師 吉治 仁志

Ⅳ肝がん診断の最前線 15:20~16:00

十三市民病院       副院長 岡 博子

Ⅴ質問コーナー    16:00~16:40

 

主催・お問い合わせ  奈良県立医科大学 第三内科

TEL744-22-3051(9時~17時)

「C型肝炎は治せる時代へ!」

京都新聞に掲載されていました。

2011年10月30日に京都産業会館8階のシルクホールで行われる市民公開講座があります。

残念ながら、申し込みは10月19日(水)に終わってしまっています。

お問い合わせ先は075-241-6175(平日午前10時~午後5時)となっています。

プログラム

講演1:「C型肝炎を学ぼう(1)~知っておきたい病気と治療の基本編~」

講演2:「C型肝炎を学ぼう(2)~いよいよ始まる新しい治療法とは?~」

パネルディスカッション:「患者さんの疑問に答えるQ&A」

となっています。