新年会のご案内&アピール文


皆さん あけましておめでとうございます。
いかがお過ごしですか。
暮れからお正月にかけてごっちそうがたっぷり。
それにお酒がたっぷり・・・。
さらにこたつの上には甘ーいミカンがいっぱい。
さらにお年始代わりにいただく和菓子、ケーキ類。
私たち肝炎患者にとって体重の増加は危険です。
アルコールはその1滴が肝臓の繊維化を進める???
要するにのんびりした豊かな正月は大敵なのです。

新年会のご案内と
昨年の第21回代表者会議 全体集会で採択されたアピール文を載せます。
これまでの活動が集約されています。
~ では今年もよろしくお願いいたします ~


 ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

京都肝炎友の会  2012年 新年会のご案内

日 時  2012年1月22日(日) 午前11時30分開会

会 場  京都社会福祉会館 1階
レストラン 「菜の花」
(二条城北側にある会館です)

会 費     3,500円


 ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)「第21回全国交流のつどい・代表者会議」は、
10年ぶりに徳島県で、全国から25団体150名の患者会・肝臓病患者が集まって盛大に開催されました。
本年度は肝炎対策基本法に基づく「肝炎対策の推進に関する基本的な指針」が肝炎対策推進協議会で検討され、5月に大臣告示されたこと、肝疾患特別枠予算が設けられたこと、B型訴訟が6月に和解合意したこと、肝硬変・肝がん患者への療養支援などを求める国会請願が採択されたことなど、肝炎対策の前進にとって画期的な年でした。
これから地域において、各患者会は指針で定められた事項および肝疾患関連予算が活用されているかをチェックし促進を自治体に促していきましょう。
日肝協は、指針で定められている事業や各種の調査・研究の進捗をチェックし、また採択された国会請願の事項が予算の裏付けがなされるようチェックを進めるために奮闘します。
体制面で、多くの各都道府県で肝炎対策協議会における検討が進み、肝疾患連携拠点病院の設置、専門病院の選定と専門病院とかかりつけ医の連携、かかりつけ医の講習会による学習が進められてきました。
医療面で、C型肝炎では今年末の新薬の登場を皮切りに、効果的な薬剤がさまざま登場してきます。
数年先にはインターフェロンに頼らない副作用が減少し治療率が向上する薬剤が出てくると期待されています。
B型肝炎治療については、根治をめざす治療薬の研究に国が公約として取り組むことになりました。
気づかない多くの感染者を治療に結びつけるためにウイルス検診率を上げる施策、患者がどこでも最新の医療を受けられる医療体制の拡充、肝臓病で苦しむ誰もが医療費助成や生活支援を受けられる社会的支援、
副作用のない効果的な薬剤を保険適用や医療費助成と肝炎研究10か年戦略など、ひとつひとつを着実に実現させていきましょう。
私達が手にした肝炎対策基本法を最大限活用し、引き続き肝炎対策推進協議会の場で患者委員が力を発揮し、委員全体で肝炎患者療養支援のための肝炎対策実現のために、みんなでサポートしていきましょう。
全国の肝炎患者、家族・遺族と連携して、私達の願いの実現をめざし、皆で推進をしていきましょう。

今回の催しを成功に導いた徳島の皆さん、“ありがとう”
来年の代表者会議(関東)では“ともにお元気で再会しましょう!”

2011年11月6日
日本肝臓病患者団体協議会
第21回全国交流のつどい・代表者会議

11月13日の医療講演会・相談会のご案内

お待ちしています 
~ 無料です ~

ご講演・質疑応答

京都府立医科大学大学院 医学研究科 消化器内科学 講師

南 祐仁 先生

演題「B型肝炎のガイドライン治療と最近のトピックス」

日  時  2011年 11月 13日 日曜日   午後1時(開場・受付)

場  所  ひと・まち交流館 京都

京都市下京区木屋町通上の口上る梅湊町83番の1

河原町通り五条下る東側 市バス「河原町正面」下車

京阪「清水五条」下車徒歩8分、地下鉄「五条」下車徒歩約10分

阪急「河原町」  JR「京都」駅からは、市バスにご乗車ください

* 南 祐仁先生のご講演 午後1時30分~

* 個別医療相談会     午後3時~

* 患者・家族交流会    午後3時~

交流会ゲスト   B型肝炎訴訟原告団の弁護士さん

(希望者には個別の相談にも対応していただきます)

 

全国交流会・代表者会議に参加して

徳島へ行ってきました。
鳴門の渦、青い海もみられるお天気を望んだのに
(家を出るときは日が出ていた)明石大橋を渡る頃からぽつぽつ降り出し、
鳴門大橋を渡る時には土砂降り、
傘もなく、建物の軒を小さくなって走りました。
てるてる坊主に頼んでおいたのになー。

分科会もいい勉強になったし、代表者会議での話も格調高く、、
日肝協の会則は憲法25条の精神にのって作られていることがわかり
驚きました。
患者会がこれから何をすべきかもしっかりと指針を示してくれました。
行ってよかった徳島です。

皆さんも来年はご一緒しましょう!  Yさん

私も徳島にいきまーす!

私も徳島にいきまーす。
全国交流会でもちろん学習してきますが、
いい天気で道すがらの景色をとても楽しみにしています。

てるてるぼうずさん、私のお願い聞いてよね。
                 友の会会員(Y)

みんなで、学んだり、励まし合ったりと
    こんな、まるで家族のような会なんです

個別医療相談があります!

ご講演・質疑応答
京都府立医科大学大学院 医学研究科 消化器内科学 講師

南 祐仁 先生

演題「B型肝炎のガイドライン治療と最近のトピックス」

日  時  2011年 11月 13日 日曜日

11/13日は南先生のB型についての学習会の後、
南先生や顧問の先生の個別医療相談があります。当日受付です。
そして今回のゲストは大阪B型肝炎訴訟弁護団です。
之に先立ち10/15日に弁護団による個別相談会がありました。
大勢の方が相談に来られていました。今回も4人の弁護士がゲストです。
医療相談と同時進行で個別相談もあります。希望の方は是非お越し下さい

もやもやが晴れるかもしれません。。。  

京都肝炎友の会の世話人代表です

私は京都肝炎友の会の世話人代表です。

WEBサイトを立ち上げるに当たり、一言ご挨拶を申し上げます。

私たちは一人で悩む患者・家族をなくし、病気と上手につきあい、克服するために存在感を発揮しょうと頑張っています。

活動内容

1.年2回の医療講演会。その時には医師に依る医療個別相談。

2.会報の定期発行

3.患者・家族の交流会並びに随時電話による相談

4.国・府・市への肝炎対策の充実を求める取り組み

5.薬害C型・B型肝炎の訴訟などの応援

ですが1つの患者会だけでは何ら力がないので4.5.等は皆さんから届く

会費、カンパ、署名などもって関連団体と一緒に大きな力として行動しています。