肝炎治療医療費助成制度が改定されました

抗ウイルス治療に対する医療費助成制度、「京都府肝炎治療特別促進事業」が、C型肝炎のインターフェロンフリーの治療   経口2剤治療も助成も対象となりました。

先のシメプレビル + ペグインターフェロン + リバビリンの3剤併用治療に続く対象の拡大です。

 医療費助成パンフレット

インターフェロン治療に対する助成を受けるためには、従来の申請とは異なり、肝臓病の専門医の診断書提出が必要となります。

制度のパンフレット、実施要項、申請書、診断書をクリックしていただけると使用できます。

20141010パンフレット 京都府「肝炎治療に対する医療費助成について」

肝炎治療受給者証交付申請書 ※両面印刷のこと Word

20141010 京都府肝炎治療特別促進事業実施要綱

肝炎インターフェロンフリー診断書

 

京肝友ニュース80号を発送しました

DSC_1806

 京都肝炎友の会の会報「京肝友ニュース」最新号第80号を、本日上京区の西陣郵便局から発送しました。

 一部モノクロで印刷してしまったものもあります。また、作業のミスで、封筒を一回開けてセロファンテープで貼ったものがあります。

 ご容赦願います。

 京肝友ニュースを読んでいただける方を、京都肝炎友の会にご紹介ください。

あなたの病院に、京肝友ニュース等を置いてください!

DSC_1792

相談センター中央にあるテーブルに、京肝友ニュースなど肝臓関係の資料を置いていただいています

DSC_1796 (1)

相談センターには、肝炎の資料と、あらゆる癌の資料が置いてあります。 相談員も常駐されています。

写真は京大病院のがん病棟といえる積貞棟1階にある「肝疾患相談センター」(=癌相談センター)に配置していただいている11月16日の医療講演会の案内チラシと、京肝友ニュース79号、78号です。

この間、西陣病院、民医連太子道診療所、京都府立医大、第二日赤病院、宇治徳洲会病院などに、同様に置いていただいています。

患者さんの手に届くと良いのですが!

この記事を読んでいただいている医師、看護師さん。そして、患者・ご家族様、勤務される、そして通われる病院・診療所にも、京肝友ニュースや医療講演会などの案内を置いていただけませんか。

ご連絡ください。

京都市議会で肝炎対策が取り上げられました

20141002京都市議会での肝炎問題での西野さち子市議の質疑メモ

10月2日に開かれた、京都市議会決算委員会第二分科会で、西野さち子市会議員(京都市伏見区選出・日本共産党)が、肝炎対策について質問してくださいました。

テーマは、

肝炎ウイルス検査体制の強化

感染している方に重症化防止のための適切な治療を受けるように勧める受診勧奨活動の強化

京都市独自の肝炎医療費助成制度の検討  等です。

木村好美保健衛生推進室保健担当部長は、土曜日の無料検査実施医療機関を増やし検査数は「1.5倍に伸びている」と答弁されました。

1.5倍と言っても、京都市の検査実績は毎年2千人前後の受検者しかおられません。府内、他府県の多くの市町村の受検者比に比べれば、非常に低くなっています。また、40歳以上を対象にした特定健診で肝炎ウイルス検査を取り入れていないことや、無料検査の委託医療機関が市内に2か所しかない状況については改善するとは答えられませんでした。

先の市議会でも、複数の議員さんが肝炎対策について取り上げてくださいました。今後も取り上げていただくよう、京都肝炎友の会として、患者の現状を伝えていきたいと思います。

京都府立医大附属病院 肝疾患相談センター 紹介チラシ

京都府立医科大学付属病院に設置されている、肝疾患相談センターから、同相談センターの活動を紹介するチラシ、リーフレットが届きました。

相談センターの活用を呼びかけられています。

会員さんには、次の会報の付録としてお届けしますが、次をクリックしていただければ見ることができます

京都府立医大附属病院 肝疾患相談センター リーフ

京都府立医大付属病院 肝疾患相談センター案内ちらし

 

京都府の肝炎対策強化求める要望書を提出

 京都肝炎友の会と舞鶴ウイルス性肝炎を考える会は、京都府知事宛の「京都府の肝炎・肝硬変・肝がん対策の強化を求める要望書」を2014年9月25日に提出しました。

 これは、全国で10県では実施されている「肝疾患の重症化防止事業」の実施や、医療費助成がC型肝炎のシメプレビルとインターフェロン+リバビリンの3剤併用療法や、経口2剤治療も医療費助成制度の対象となり、「日本肝臓学会肝臓専門医」等の「診断書」提出が必要であり、京都府の肝疾患治療ネットワークの確立・公表 などを実現すること。そのために、京都府の予算措置を講じるよう求めたものです。

 そして、提出した要望書について、改めて協議をするよう要請しました。

20140925肝炎対策 京都府への要望書